スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

Pentium Dual-Core G6950+H55 

4月にPentium Dual-Core G6950+H55マザーを使ったマシンを2台組みました。
そのうち一台は会社用で、しばらく自分で使っていたのですが、なかなか快適です。
重くない普段のシーンでは、格上のはずのCore2DUO E8400よりもレスポンスが良く感じます。
メモリがDDR3化したことが影響しているんでしょうか?
ベンチマーク的にはDDR2とたいした違いは無いはずなんですけどね。

というわけでG6950+H55が、重い処理を必要としない人向けの現在のオススメ構成なんですが、組む時に注意点がありました。
組んだ直後に、電源を入れて1分位で切れる症状に見舞われまして…
ハズレ電源に当たったのかと思いましたが、蓋を開けて見てみるとCPUファンが止まっていましたw
インテルのCPUファンはヒートシンクの周りに邪魔にならないようにケーブルをグルっと回してあるのですが、そこの一部がタイトすぎてファンの軌道に入っていたのです。
LGA775用の純正CPUクーラーでは、ギリギリ感はあるものの実際に当たってしまったことは一度も無かったので、LGA1156用になってちょっと大きくなったことによる弊害なのかと思います。
一台は問題無かったので、もう一台がハズレだっただけかもしれませんが…。
スポンサーサイト
[ 2010/05/13 00:37 ] PC・ハード関係 | TB(0)| CM(0)

兵役卒業とかいろいろ 

MW2は本当に面白かったのですが、健康上の理由でやめました。
ついでに仕事が多忙になりすぎて休みも無く、ゲームどころではなくなってしまいました。

DOLもINしていないのゲーム事情には疎いのですが、久々に公式を見てこれを見つけたので感想を。
http://www.gamecity.ne.jp/dol/developer/index2.htm
僕がモノを申したいのは投資の方ですが…
投資に対する自己分析はひどすぎやしませんかねw
100Mキャップなんてのは投資の問題の中でも微々たる影響でしかありません。
そもそも投資の意義が失われた根本的な原因は、昔から一貫して言っている通り、交易が遠距離型になったせいで自国旗の恩恵が減ったためです。
単純かついい加減な比較ですが、1時間で10往復する近距離交易と1往復に2時間かかる遠距離交易とでは、旗の意義が20倍違います。
そして遠くで安く買ってEUで高く売れることも、悪影響を与えています。
安く買えるということは金額がディスカウントされる意義が少なく、買い場の旗の影響はほとんど意味を成さなくなります。
売り場もEU重視だと自国領地で大概は間に合うようになるというか、売り場の探しやすさから領地売りを意識し、よほど都合の良いところにある港以外に投資しなければいけない理由が希薄になります。
それに大国化不利のクソ港押し付けシステムという致命的な欠陥もあります。
そのあたりが現状のままだと、どんなに投資と影響度の関係(だけ)を触っても改善は図れません。
(交易品の購入量と価格の変更まで伴えば何とかならなくもないのですが)
なので6月から数ヶ月、相も変わらずろくな状況ではないですよと発表しているようなものですが、なんでわざわざ能が無いことをアピールしているのでしょうか?
[ 2010/05/01 06:29 ] 適当な日記 | TB(0)| CM(0)
ブログ内検索
カウンター

相互リンク 募集カウンターSEMアルファブロガー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。