スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

Trader's Delight 

今回のタイトルは、僕が作ったリスボンに存在する商会名です。
直訳すると「交易者の喜び」みたいな感じで、元ネタはSugarhill Gang のRapper's Delight
というHiphopクラシックな曲だったりします。
前置きはこれくらいにして、Trader's Delight=商人の楽しさとは何?が今回のテーマです。

商人はただの金儲けとか通過点に過ぎないという人も多いと思いますが、
メインキャラを変えてまで専業商人を続けていられるのは理由があります。
ゲームの楽しみ方は人それぞれ違いますが、僕的に商人やっていて楽しいこと

1、効率が上がりお金が楽に稼げるようになる
2、良相場の発掘、交易路の発掘
3、臨機応変に適切交易を選択
4、相場を操る

1はまあ普通です。
10時間かかって稼いでいた金額が1時間で稼げるような成長があれば楽しいですよね。
2は「あれっ、○○の売値が高い!」みたいな状況です。
普段からチャットで情報交換しているのですが、誰かがそれを発見すると沸きますねw
3は単一交易でなく、その時の相場状況に応じて交易品を変えるというものです。
日頃から取引スキルを揃えておく必要がありますが、現時点で何が一番儲かるのか
常にあれこれ考えながら交易するのは楽しいですよ。
4は暴落調整とか、相場を自力でコントロールすることです。
「○時間後にここの相場が良くなるだろう」とか、先読みするのもその一種ですね。

効率重視なので、一般的な交易ロマン-例えばこの満載のナツメグを売ったら
いくらになるんだろう?みたい感覚とは一線を画しますが、これはこれで一種の
交易ロマンなんですよw
特にわかりやすいのが、4の一種である暴騰調整ですね。
不確実ながらも自分の行動で神相場を引き起こせるかもしれないというのは
○○交易という決められたレールには無いロマンを感じないですか?

逆に商人で楽しくないと思う部分は、前回記事とも重なりますが、貯金ゲームだと思います。
貯金ゲームの第一人者である中華を見ていると、楽しくないだろうなと思います。
(業者なので楽しさを求めていないと思いますがw)
そもそも遠距離交易の最大の楽しさはチャットや他所事次第な気がしますけど^^;
スポンサーサイト

[ 2007/05/31 18:30 ] 適当な日記 | TB(0)| CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンター

相互リンク 募集カウンターSEMアルファブロガー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。