スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

内情の説明や今後の展望 

イベントが軌道に乗ったということで、内情の説明や今後の展望を。
以前にも書いた記事と被る部分もありますが、未発表の部分も多いです。
そんなわけで長文


■ポル内情と国益イベントとしての顔


最近のポルは大海戦で他国に勝利できるようになり、以前と比べて強くなりました。
軍事面には詳しくないのでそれは置いておいて、ここではいつも通り商人系の話をしましょう。

大投資戦が起こった場合も勝利することが多いことから、投資強国かのような印象を受けるかと思いますが…
でも実際は資金面でそれほど充実していないと思います。(いきなり否定)

関税や購入量が変わるため、交易は国に依存する要素が大きいのは知っての通りです。
ゲーム初期の頃から続いた宝石最強時代からいまだにイングは強国だというイメージの強い人がいると思いますが、以前書いたこの記事を参考にしていただければわかるとおり、今の仕様では資金稼ぎがしやすい方ではないと思います。
ではなぜ今でも強いのかということです。
表が間違っているという可能性もありますが、その可能性を外せば答えは一つ。

ポルが強くないから です。

ポルは仕様が有利に変化※1 したことと人口の多さで、ある程度の資金力はあるでしょう。
しかし商人一人一人の実力(スキル重視)や時給の平均値は、全国的には下の方だと思います。
※1 アパルトメントの実装、バルパルやアドリア交易の下方修正、サイカクの実装、アジア香辛料の出現等

それには この記事で書いたように、格差のある国であることが第一要因として挙げられます。
例えばイングでキャラを作った場合、西アフリカの許可証が出た直後から主力交易の一つであるダイヤ交易に触れることができます。
そのため、ツアーに同行したり相場情報を得る手段があれば、比較的ライト層が高利益の交易をしやすい環境にあります。
ところがそんなイングと違ってポルトガルの場合、中間層までの交易に乏しい環境とインド交易の敷居の高かった関係で、ライト層が高利益の交易に手を付けるということが難しい国です。

余計なお世話だ○○で稼いでるじゃないか!

こんな声が聞こえてきそうですが、反感を持つ方はifという考え方をしてみて下さい。
ifの対象は国籍です。
自分を別の国籍に置き換えてみて下さい。
自分が実行したことないものに置き換えて想定することは難しいのですが、こういう感じに…

もし(if)自分がリスボン商会に入った他国キャラであれば
その交易でもっと稼げていませんか?
そしてもっと交易経験や取引熟練を得ていませんか?

上記の例のように他国であれば…という交易が国内で多くの人が実施している交易だと思いますが、違うでしょうか。
ゲーム内の交易はほとんどの場合で赤字が出ることはありませんから、どんな交易であろうとほぼ「稼げる」のは間違いないです。
問題はその大小であり、他との比較…特に投資とは相対的なものですので、他国ならもっと稼げると感じる交易は他国より後手に回ってしまいます。
そのような交易に触れやすく、コアな交易には触れにくい結果、仕様的に有利なのに強くなれないでいると思います。

その点インド交易は敷居の高さ※2を除けば、時給・取引熟練の得やすさ等の平均能力的に見て全国屈指の交易だと思います。
そんなこと言いつつも僕はインド交易以上の金策手段を見つけていますので100%正しいとは思いませんが、平均的なポル人の交易手段としては優秀なのでここではオススメしています。
※散々敷居が高いと書いてきましたが、それはイベント開催前のことです。
インド交易をオープン化したことで、敷居はグッと下がりました。


それに可能性というか交易の壁…今でも国内で○○商人という境目があると思います。
あの人インド系だから、西系だから、生産系だから…あとは知りませんが、そんな感じで○○商人という括り方をされています。
でも実はその言い方っておかしいんですよね。
というのは、インド系でしっかり育てたら宝石も貴金属も熟練を得る機会があるのでスキルの流用が簡単です。
稼いだ経験値でより良い船に乗り、資金を活かして取引スキル・生産スキルを大人上げすることも可能です。
なのでインド系と言いつつ、別にどこでも交易できる人なんですよね。
それに比べて生産系・西系で育ててしまうと、インド系への参入にはスキルの再構築が必要だったりします。
(この断言は乱暴な部分もありますが、金銭+熟練面で考えれば広義でそのような結果になると思います)
インド交易に全人口の参加に耐えられるようなキャパシティはありませんし、交易には好みもありますので他の交易の方が合っているという方もいるでしょう。
でも重要なのは日々の活動時間内に相場が良いかどうかですから、交易をチョイスする際に全ての交易から選択するのが一番賢いと言えます。
今までは「うーん今週は主力の西アフリカのダイヤの買値が高いから何をしようか…」と思っていたのが「ダイヤは高いけどゴアはいいからゴア行こう」という選択をできる感じで。
○○商人、○○系という境目は単に自分にリミットをかけ、効率を下げてしまうだけです。
(他の交易をすべきではないという意味ではありません。視界の拡張のためにはインド交易まで意識しておくべきということです)

今のところインド交易経験者はせいぜい人口の10%程度だと思いますので、この確率がもっと高くなれば交易の壁が無くなり、国全体の資金力がかなりUPすると見ています。

回数を経るうちに大きな流れでこのようになっていくと思いますが、これはイベントの持つ一つの顔でありまして、参加する方は国益どうのこうのと難しく考える必要はありません。

・フレができる
・儲かる

このメリットを得るために参加する、それだけで十分なのです^^



■イベントの展望


イベントがこの先どうなっていくか実際にやってみないとわからないところもありますが、頭の中の計画を発表します。

まず初期目標は「主催者不在の開催」だったのですが、一応ここまではクリアしました。
正式には主催者がいなくて誰も仕切らないというわけでなくて、誰でも主催者であり仕切れるという体制作りです。

なぜ主催者を作らないかというと、交易に中心人物がいてはいけないと考えているからです。
いやいてもいいのですが、その人がいないと交易路が廃れているようではどうしようもないと思います。
中心人物は、長時間INしていることを第一条件として、茶室の整備、TELLへの対応できる人でないといけませんが…負担が大きいですよね。
僕なんかは深夜にINする比較的短時間の住人なので、中心人物になる気も起こりませんし実績やカリスマ性もありませんw

インド交易の場合はそもそもそういった中心人物不在により徐々に人数が減っていた状態ですので、下手に中心人物を立てようとするのではなく、中心人物がいなくても活性化できるシステムの導入が大切だと思って画策しました。
それがイベント開催から実はアピコメ識別とも繋がるわけで、ここら辺がシステム的に整備されればきっと良くなるはずです。

もし誰かが中心人物になってくれるというのであれば喜んでお任せしますが、それまでは一人一人が主役だということを常に念頭に置いて下さい。
「自分は最近入ったばかりだから…」
僕もその気持ちはわかります。
わかるのですが…そんなの関係ないですw

交易に参加して一ヶ月ほど経てば全体の流れがわかってくると思います。
スキル面では揃っていないかもしれませんが、例えば茶室を作ったり人を勧誘したりする活動は誰でもできることですので、そこら辺は積極的にお願いします。
海に出た時、海域が変わった時、ほとんどの人が検索かけますよね?
あの時にポル人がいたら誘えばOKです。
フレじゃないのに誘ってもいいのかどうか…?迷うようでしたら誘って下さいw
その勧誘をしたことがその人に良い方向で影響をもたらすかもしれません。
誘われた経験がある方なら尚更わかるのではないでしょうか?
あとイベントHPにもあるように、情報の精密度を上げる関係で、相場情報流しも重要です。
無意味だと思ってもその発言が他の方の役に立ちます。

初期目標の話が長くなりましたが、これ以降はさらりといきますw
中間目標は「開催頻度のアップ」です。
これによって、いろんな時間にINする商人を網羅するつもりです。

そして最終目標は「イベントの消滅」です。
市民権を得て「イベントの日じゃなくてもゴア行けばいいでしょ?」と言われる状況になれば、開催する必要はないと思います。
早くそうなってほしいですねw


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
いつもためになる記事をありがとうございます! !
どうしてもわからなかったこと質問いいですか?  金交易と調理は他の国に勝ってる気がするなーって思うんです。二球さんのことだから考えてはあると思うんですけど・・・・ 匿名ですけど回答お待ちしてますm(__)m
[ 2007/12/14 11:12 ] [ 編集 ]
匿名さん
コメントありがとうございます^^
まず金ですが、確かに距離を考えると仕入れて売るまでのプロセスはポルが最も有利です。
ですが他国(特にイスパ・フランス・ヴェネ)は行きに持っていく交易品があるんですよね。
お金のことだけを考えるとセビリア商館でマスケを買ったりすれば対等に近くなりますが、その時もしイスパキャラであれば自力で積み込んで火器取引の熟練を得ることができます。
一回・二回の差はどうであれ、長い目で見れば他国キャラの方が有利です。

次に調理ですが、これは確かにポルが一番有利です。
今の目玉である副官料理の売れ行きがどれほどのものかが正直わからないのですが、とりあえず調理の問題点は、成長性が乏しいことです。
若干の取引スキル、そして若干の会計スキルは育ちますが、他の交易と比べるとどうしても見劣りします。
調理スキル0の状態のキャラにスキル習得カンストさせるまではほとんど時間がかからず、数日で追いつかれてしまいますしね。
(材料集めのノウハウ等は別として)
そして一番の問題が交易経験値の確保ですね。
正直、調理を軸にしていると商大クリッパーはかなり遠く感じると思います。
以上が2キャラを調理カンストし、そして切った人の言い分です。

ただし、だからみんな調理を切るべきとかそういうわけではありません。
放置バザーや商会ショップを利用すれば、自分の活動時間外でも収入が得られますので、IN時間が長く取れない人にとっては有効に活用したいところです。
そんなわけで、交易で成長性をきちんと確保した上でバザーも絡めて売るのが理想ですね。
[ 2007/12/14 17:00 ] 二球 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンター

相互リンク 募集カウンターSEMアルファブロガー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。