スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

5/16近況 

二球で久々にBCに参戦したものの、沈みまくりました><
時間が遅かったので2戦で終了。
今日からはもう少し頑張ります^^;

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

[ 2008/05/16 16:30 ] 適当な日記 | TB(0)| CM(3)
香辛料とインド交易との比較ということで、私もインドで交易してる身として拝見させていただきました

今回拝見させていただいた中で気になった点について勝手ながら私見述べさせていただきます

まず、二球さんの交易はジャスミンを中心とした中距離をメインに据えてますが、もっと近距離をメインに据えた方が時給が上がるかと思います
エロポルにおいては交易のメインは香料から宝石にシフトしてきており、2アカ以下のアカ数での宝石近郊交易が主流になっております
私は2アカの宝石商ですが、プレイ時間や相場にもよるでしょうが、近郊をメインに行えばカテ代を差し引いても一日数時間のプレイで100m程度なら十分コンスタントに狙える範囲だと思います

もちろんこれを実現するためには、宝石取引が高ランクである必要があるので、実現するためには商人職でなければいけません(支援をもらったとしても会計・社交で他職で行うのは現実的ではないです)

[ 2008/05/18 17:32 ] Eurosポル商人 [ 編集 ]
コメントありがとうございます^^
僕はEurosの交易を手本にする部分が大きかったので、率直にレベルの低いデータだと思われても仕方がないと自覚しています。

実際は近距離の宝石交易は視野に入っており、インド西岸と東アフリカだけですが、宝石相場も調査して回りました。
結局一度も噛み合いませんでしたけどね^^;

ただ、今のNotosの情報網に、よほど良いものを発見した時にしか宝石相場は流れません。
そのため、2時間・4時間という枠の中では、把握しやすい交易品の情報を元に交易をしながら、その過程で持参したサンプル品の相場を手探りしていくスタイルが最も効率が良いと思って実行しました。

そういった情報量の少なさは以前から理解しており、それを解決するためにインドに人を集めるためのイベントをしていました。
まず人が集まること、そして商人として全体が向上することで、インド交易本来のポテンシャルが発揮されるという期待を込めて。
※他にも多くの意図がありますがw
始める前の、相場が良いのにインド交易している人が2人とかいう壊滅的な状況では無くなったものの、7日間のうち茶室メンバー10人付近が殆どで、多い時でも20人を超えることはありませんでした。
(Euros鯖ではどのくらいの人数がインド交易に携わっているのか知りたいところですね。)
そして宝石スキルがそれほど高ランクな方もいませんので、こんな状況です。

あとNotosの港状況を見ると疑問に思うのではないでしょうか。
これは別の意味の宝石最強時代にできた足枷。
昭和の産物が近距離交易に影を落としています。

もしEurosポル商人さんがこの現状をどうにかしようと思ったらどうしますか?
僕は今回の証明で、もし稼ぎが片道化香辛料を上回った場合、こう締め括ろうと思っていました。
「金額では勝てましたが、操作量を考えたら5倍は稼げていなければ勝ちとは言えないでしょう」
集まってもらって、スキルをあれこれ取ってもらって、鍛えてもらって…
これで「香辛料より若干稼ぎが良くなりました^^」程度であれば、もう初めから香辛料運びを薦めた方が良いという意見です。
[ 2008/05/19 01:44 ] 二球 [ 編集 ]
↑もし交易システムが変更になったら、その時に合わせて動きます。

それにしても…
コメントの重厚さに引き換え、記事のショボさが何ともw
[ 2008/05/19 01:57 ] 二球 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンター

相互リンク 募集カウンターSEMアルファブロガー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。