スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

現在の仕様とはの続き 

「途中」の育成指針

前回の記事に書いた仕様の変遷により、今の仕様でやるべきことが見えてきます。

今回も長いので折りたたみます



海上移動の時間が多いこのゲームにおいて、相次ぐ速度調整により、大クリッパーに乗れないことはもはやハンデとなっています。
大げさと思われるかもしれませんが、短時間で見ればそれほどでなくても、長期的に見れば様々なゲーム内効率に大幅に影響を与えていきます。
また有料スパンカーと強化フルリグドセイルを持っていないのも痛いです。(重要なのに今や買いたくても買えないのは完全に運営の失策。スパンカー2つ持っている僕でさえ何らかの形で開放しろって思っています)
それに加えて金庫枠(爵位)のメリットを得るためにも、現在大クリッパー(妥協したとしてもクリッパー)に乗れない人は絶対に冒険をすべきだと思います。
それほどまでに重要な冒険スキルに枠を費やすためには…本格的にスキル枠を費やしても稼ぎの知れている種類の交易は、1年以上も前から時代遅れになってしまいました。
お金稼ぎはスキル枠と育成が少なくて済む香辛料が、様々な面で合理的です。
交易LV上げも、会計とか社交育成の期間を経たのちに商会ショップから交易所に香辛料を転売すれば、ベルベなんか比でないほど一気に上げられますのでそれがいいと思います。
僕も副官育成に利用しまして、普通のキャラであれば交易LV1→60以上になるのではないかと思われる位の量を売りました。
※こちらの記事はその方法で上げています。
1時間で交易経験10万以上稼いだりしていました。
再交渉要望書も100枚くらい買い込みましたが、プラスになるか少々マイナスの時だけ参入したため、金銭的にも大幅プラスで終わりました。

ここで一般常識からして疑問に思うことがあると思います。
需要と供給で経済は成り立っているので、例えば副官料理が儲かるからといって多くの人が作ると二束三文でしか売れなくなるのが自然です。
でも香辛料は交易所店主が買い取り保証をしてくれるので、下落はせいぜい16000台で止まると見ます。(クエ報酬のカテは下落します)
なぜならリスボン・オポルト・ファロ・マディラ・カサブランカ・セウタの6港において、ふっかけMAXに成功するとその売値以上になる相場が1日当たりで頻繁にやってくるからです。
相場がどこまで上がったか、もしくは暴落状況にもよりますが、最低14時間で1サイクルの頻度×6港×交易品2種(期待値は落ちますがクローブ含めて3種)という頻度で売るチャンスが到来します。
だから多くの方が参加しても問題のない交易なのです。

香辛料のメリットはそれだけではありません。
小国優遇、と前の記事で書きましたが、影響度が小さな国ほど…と公式にアナウンスされていることから、たとえポルトガルであっても小国優遇化も可能ではなかろうかと思います。
(おそらくどのサーバーでも優遇効果が判別しやすい大投資戦が3大国が4位以下の状態で起こっていないので、事実関係は不明ですが)
クソ港押し付けなどの妨害にもあうはずなので実際には非現実的だとは思いますけど、とりあえず同盟港がカサブランカさえあれば(アンボイナも不必要)問題ない香辛料は、それを目指すのにうってつけでしょう。
もし小国扱いされなくても、亡命順などで人の流入もされやすくなりますし、勅命分母も下がります。
最高に今のシステムにマッチングしていると思います。

ついでに この記事と この記事についても触れておきます。
投資の必要性については、交易名声・爵位(金庫枠)を得るという観点から絶対に必要であると言えますので、防衛や戦略の要素が消えたとしても余ったお金を投資して爵位に変えていくべきだと思います。
だから投資すること自体は肯定的ですが、昔のシステム的に必要だったケープや買い港のアンボイナなど、今では投資効果が薄くなってしまった港に投資してしまうと他の(特に新規)プレイヤーの方にマイナス効果を及ぼす可能性が出てきました。
リスボンの利便性とポルトガルの交易特性を考えたら地中海だとか北海の僻地に伯爵免税用の10%というのも特に必要ないと思います。
カサブランカという答えも悪くないですが、皆が入れすぎて70%とか80%とかなっても無駄なので…。
だから社交スキルの育成を考えてリスボンに投資するのが正解です。
一昔前だったら考えられないような非常識的な答えですけど、今はこういう仕様なんです。

優遇なのに?

現在のショップ状況ですが、ナツメグとメースの量が少ないように思います。
その証拠に価格が高くなっており、完全に売り手不足です。
その価格ではレベリングの際に赤字を出さなければならず、上に書いたような頻度では売れません。
今のシステムに合った香辛料をなぜ運ばないのか?
その理由が交易の必然性が無くなって他職に打ち込んでいるだとか、僕が把握していないだけでバザー系の時給が跳ね上がって交易で儲ける必要が無い、ということであればある意味好ましいのですが…
実際は、香辛料交易がこれほどまでに多角的要素で重要になっていることがあまり浸透しておらず、香辛料の相場網や地盤がぜんぜん整っていないからではないかと思います。
香辛料交易自体、初心者からするとこういうイメージだと思います。
・敷居が高そう
・多アカ向けっぽい
・短時間しかINできない人はムリ
・香辛料が暴落してばかりで売れない
イメージどころか、普通にやればたぶんその通りになってしまうと思います^^;
そこには業務改善できるチャンスがあるわけで、国益を考える人にとって要注目であると言えます。


最後に

この記事は見る人によっては、というか普通にプレイをしている方、特に同国の方にとっては気分を害されることもあると思います。
しかし僕の言っていることに大きな誤りや見落としがない限り、その状況を作ったのは運営なので文句を言うなら運営へw
交易の効率が良くなくても移動スピードが遅くていろんなことに悪影響を与えても、それが効率が良くないということを誰も教えてくれません。
勝った・負けたの判定もなければ数字化もされていないので、自覚するのは非常に困難なことです。
そういうわかりにくい部分を、わかりにくからといってバランスを考慮せずに仕様変更する運営の方針は、断固として利用すべきです!

長いものには巻かれましょうw
スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンター

相互リンク 募集カウンターSEMアルファブロガー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。