スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-)| コメント(-)

縫製のすすめ 

ヴェネ近くのザダールに行って縫製したら、なかなか儲かりました。
家畜取引+縫製があって、船がそこそこ大きいことが条件となりますが、
ニワトリ3→羽毛1-2、ヤギ3→山羊毛1-2が作れ、それぞれ利益も大きいです。

僕の船は必要物資を除けば約540くらい積めますが、
一回の購入量はニワトリとヤギ合計120匹くらいです。
両者を買えるだけ買ったらカテ1で回復、初期購入分と合わせて
カテ1を3回使えばまず船一杯になります。
そしたら酒場にこもってひたすら縫製。
基本的に3→1程度に積荷が減るので、またカテ1を2-3回使って
積めるだけ積んで縫製、さらにカテ1-2回使って縫製、
最後の仕上げにカテ1を使って…このあたりで打ち止めになります。

近隣の相場の良かったラグーザで全部売り抜きましたが、
一回目はふっかけ1回成功で64万の利益、二回目もふっかけ1回成功で
56万の利益。ついでに羽毛が名産なので、交易経験も多めに貰えます。

少なめに見積もって40万の純利益だとして、カテ1も一回に10枚使うと
想定して、カテ1を40000以内で手に入れられれば、この方法で
確実に儲けることができます。

と言ってもカテ1なんて安い時は10000くらいで買えますので※
実質30万以上は儲かっています。

一通り調べましたが、縫製が低レベルでも良くて比較的安い
カテ1を使って儲けられるこの方法において、ザダール以上の
利益を上げる街はないと思います。
ヒホンも家畜2種類ですが、ヤギ→山羊毛の利益の大きさと
ブタ→ソーセージの利益の大きさを比べると、ザダールの方が
優秀です。

※カテ1はインドに行く途中の造船できる街に行けば、たいてい誰かが
安く売っています。
その人達は造船時に手に入るロット使用で入手しているので、
カテ1なんてものはロットの中でも外れクジであり、安くても
売っておきたいという感じでしょうか。

補足↓


再度挑戦してみました。(2006 3/8)
前回は販売時の相場を見ていなかったのですが、
同様にやってみたところ、なかなか思うような数字が出ません。
60万超えなんて、よっぽど運が良かったんですね。
山羊毛と羽毛の相場が両方とも112%前後くらいで、ふっかけに成功して
約50万の利益でした。その後だんだん相場が悪くなっていって、
38万くらいの利益しか取れなくなった頃にやめました。
時間はザダールで全部生産し終わってラグーザまで移動して、
ザダールに戻るまでが約30分です。
スポンサーサイト
[ 2006/03/08 11:35 ] 交易・相場情報 | TB(0)| CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
カウンター

相互リンク 募集カウンターSEMアルファブロガー



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。